塾の形態で変わる

給料を確保したい時、塾だと気をつけたいのが個別指導塾か集団指導塾かという点です。 近年個別指導塾が急激に増えている状況ですが、これは教師に対して1人から3人の生徒が授業を行っていきます。 担当の生徒の学力アップが十雨用となりますが、距離も非常に近くなっていて反応を見たり質問をダイレクトに受けていくことになります。 複数の科目を担当することもありますが、指導がしっかりとできなければ手当や時給が下がっていくケースもあるので注意しなければなりません。

集団指導塾ならば15人ほどのクラスを受け持っていきますが、講義スタイルで授業を進めていきます。 受け持っている生徒が多くなると責任も次第に増えていきますが、それだけ時給などが個別指導塾以上に高くなっています。 プレゼン能力も自然と身についていきますので、就職活動を控えている人には有利と言えるでしょう。

授業内容についても、各塾において様々な特徴を持っている状況になっています。 例えば英語だけしか話さない塾であったり、インターネット回線を利用しながら指導していく塾といったものがあります。 常に勉強に対して楽しさを伝えていけるようなスキルを身に着けていきながら、丁寧に教えていくと個性が出てくることもあります。